絶対王政の時代

絶対王政の時代

クイズに挑戦
覚えた年代にはチェックを入れておきましょう。
学習モードでは、まだチェックされていない問題だけ出題されます。
  • バルトロメウ=ディアス 喜望峰到達
    ポルトガルが、イタリア商人に独占されていた地中海交易とは別ルートでのインド到達を模索。バルトロメウ・ディアスがアフリカ大陸の最南端を発見する。
  • コロンブス 新大陸発見
    西廻りでアジアへの到達を目指したコロンブスが、大西洋を横断してアメリカ大陸を発見する。
  • バスコ=ダ=ガマ インド航路発見
    ディアスの喜望峰到達から10年、バスコ・ダ・ガマがインドの西海岸の港町カリカットに到着。
  • カブラル ブラジル発見
    アフリカルートでインド到達を目指していたカブラルが、嵐に流されブラジルに漂着。以降、ブラジルが新大陸で唯一のポルトガル植民地になる。
  • バルボア パナマ地峡横断
    スペインの探検家バルボアがパナマ地峡を横断して、ヨーロッパ人として初めて大西洋に到達する。
  • ルター 95ヶ条の論題
    ドイツの神学教授ルターが、ローマ教会による免罪符販売を批判。95ヶ条の論題を提出。
  • コルテス アステカ帝国を滅ぼす / マゼラン フィリピン到達
    ヴォルムス帝国議会によりルターが破門された同年、太平洋ではマゼランがフィリピンに到着。新大陸ではメキシコ中央部に栄えたアステカ帝国がコルテスにより滅亡。
  • 騎士戦争
    ルターを支持する騎士によるドイツ国内での反乱。ドイツ農民戦争のさきがけとなる。
  • ドイツ農民戦争
    ルターの教えを急進化した聖職者ミュンツァーが指導し、大規模な農民反乱を起こす。当初これを支持したルターは、後にその急進性を非難して諸侯に鎮圧を要請。
  • 第1次ウィーン包囲
    オスマン帝国が神聖ローマ帝国のウィーンを包囲。援軍を要請するため、カール5世がルター派の信仰を一時的に認める。
  • ピサロ インカ帝国を滅ぼす
    インカ帝国は、現在のペルー、ボリビア、エクアドルを中心にケチュア族が作った国。ピサロがこれを滅ぼし、スペインの新大陸植民地化が進行する。
  • イエズス会 結成
    イグナティウス=ロヨラはバスク地方の元軍人。戦傷の療養生活中に信仰に目覚め、イエズス会を結成。ザビエルらを布教に送り出す。
  • プレヴェザ海戦
    オスマン帝国艦隊が、スペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇の連合艦隊に勝利。オスマンが全地中海域の制海権を握ることとなった。
  • トリエント公会議
    宗教改革に対するカトリック教会側の自己改革。教皇の至上権確認の他、聖職者の生活を粛正するなど内部刷新を図り、宗教裁判や禁書の強化を決定する。
  • シュマルカルデン戦争
    オスマン帝国のウィーン包囲撤退後、カール5世がルター派を再度禁止。ルター派諸侯がシュマルカルデン同盟を組織をして、皇帝に反乱を起こす。
  • ザビエル 鹿児島に渡来
    インドで布教をしていたザビエルが、マラッカで日本人ヤジローと出会い日本に渡る。
  • アウクスブルクの宗教和議
    神聖ローマ皇帝カール5世が、ルター派諸侯に信仰の自由を認める。ただし住民は領主の信仰に従うものとされ、個人の信仰の自由は与えられなかった。このことが、後の三十年戦争の火種となる。
  • フェリペ2世即位
    アウグスブルクの宗教和議の翌年、神聖ローマ皇帝カール5世を兼ねていたスペイン王カルロス1世が退位。フェリペ2世がスペイン王に即位する。
  • 信仰統一法
    エリザベス1世が、イングランド国教会を国教として制定。それ以前のイギリスは、姉のメアリ1世によりローマ=カトリックに復帰していた。
  • ユグノー戦争 始まる
    フランスのカトリックとプロテスタントによる、40年近く続いた内戦。ユグノーとは、フランスでのプロテスタントに対する呼称。
  • オランダ独立戦争 始まる
    オランダ王フェリペ2世の重税とカトリック強制に反対して、ネーデルラントが独立戦争を開始。貴族のオラニエ公ウィレムが、この戦争の指導者となる。
  • レパントの海戦
    地中海覇権をめぐるオスマンとスペインの海戦。この戦いでオスマン海軍を破ったスペイン艦隊は、「無敵艦隊(アルマダ)」と呼ばれるようになる。
  • サンバルテルミの虐殺
    フランスでのユグノー戦争中、カトリックがユグノーを大量虐殺した事件。
  • フェリペ2世 ポルトガル王位を継承
    スペイン王フェリペ2世が、フィリペ1世としてポルトガル王位を継承。「太陽の沈まぬ帝国」と呼ばれるスペイン最盛期を迎える。
  • アルマダの海戦
    フェリペ2世が、ネーデルラント独立を援助しているイングランドに無敵艦隊を派遣するが、アルマダの海戦で敗北。スペインに衰退の兆候が現れ始める。
  • ナントの勅令
    ユグノーであるアンリ4世が、フランス王に即位してブルボン朝を創始。自身はカトリックに改宗し、プロテスタントに信仰の自由を認め、ユグノー戦争は終結。
  • イギリス 東インド会社設立
    エリザベス1世の晩年、イギリスが東インド会社を設立してアジアとの貿易を開始する。
  • オランダ 東インド会社設立
    イギリスに続き、オランダが東インド会社を設立。
  • ルイ13世即位
    父王アンリ4世が狂信的なカトリック教徒に暗殺されたことにより幼くして即位。国内ではユグノーを弾圧、国外では三十年戦争でハプスブルク家と戦う。宰相リシュリューの活躍により、フランスの政治力が高まる。
  • ルイ14世即位
    「太陽王」と呼ばれるフランス絶対主義の象徴的存在。コルベールを登用して、中央集権と重商主義政策を推進。ヴェルサイユ宮殿を建設。
  • ルイ15世即位
    曾祖父ルイ14世の死により5歳で即位。政治には無関心で奔放な生活を送り、国民への不満が高まる。
  • ピョートル1世 即位
    自ら西欧諸国の視察に赴き身分を隠して造船所の職工として働くなど、西欧の文化や制度の導入を推進、ロシアの国力充実に貢献する。
  • ネルチンスク条約
    中国方面に領土を広げたピョートル1世が清との間で国境線を確定。清と通商を開始する。
  • 北方戦争
    バルト海沿岸の良港を得るため、ピョートル1世がスウェーデンと戦い勝利。ペテルスブルクを獲得し、都市と港を建設。
  • プロイセン 王国に昇格
    スペイン継承戦争勃発の年、神聖ローマ皇帝レオポルト1世が、8,000の兵を援軍として送ることを約束したフリードリヒ1世にプロイセン国王を名乗ることを認める。
  • エカチェリーナ2世 即位
    夫のピョートル3世に代わり、皇后エカチェリーナが皇帝に即位。名君としてピョートル1世と並び称される。
  • プガチョフの反乱
    啓蒙専制君主としてエカチェリーナ2世は様々な制作を試みるも、この農民反乱を受けて農奴制は強化される。
  • ラクスマンを日本に派遣
    エカチェリーナ2世が、使節ラクスマンを日本に派遣。大黒屋光太夫を日本に送り届けたが、貿易交渉は失敗する。
  • 三十年戦争 始まる
    最大にして最後の宗教戦争。アウグスブルグの宗教和議以降も残る宗教対立が、ボヘミア(ベーメン)の新教徒貴族が反乱をきっかけに大規模化。
  • ウェストファリア条約
    三十年戦争の終結。領邦国家の存在が認められ、「神聖ローマ帝国皇帝」の称号は有名無実化する。
  • 第二次ウィーン包囲
    オスマン帝国がオーストリアの首都ウィーンを再び包囲するも失敗。オスマン帝国の衰退を決定付ける。
  • カルロヴィッツ条約
    オスマン帝国とヨーロッパ諸国との間に結ばれた講和条約。オスマン帝国がヨーロッパ諸国に、大規模な領土の割譲を余儀なくされる。
  • オーストリア継承戦争 / マリア=テレジア即位 / フリードリヒ2世即位
    プロイセン王フリードリヒ2世が即位の同年、女性のマリア=テレジアが神聖ローマ帝国皇帝に即位しハプスブルグ家の全領土を継承する。このことに異議を唱えてフリードリヒ2世が資源の豊富なシュレジェン地方を占領。
  • アーヘンの和約
    オーストリア継承戦争の講和。オーストリアはマリア=テレジアは相続を認めさせるも、代償としてシュレジエン地方をプロイセンに割譲する。
  • 七年戦争 始まる
    マリア=テレジアが、継承戦争でプロイセンに奪われたシュレジエン地方奪還のため、長年敵対するフランスと同盟(外交革命)。対するフリードリ2世が先制を仕掛けて開戦。
  • 七年戦争 終わる
    プロイセン王フリードリヒ2世は、オーストリア、フランス、ロシアの連合軍に圧倒されるも勝利。結果、プロイセンはシュレジェンを確保する。

イスラム史

ヨーロッパ史

中国史

近現代史

このサイトの使い方

画面右上にある本のアイコンをクリックしてみてください。すると学習モードに切り替わります。
学習モードでこのページに掲載されている年代と出来事を効率的に覚えましょう
iPhoneアプリ版登場!
このサイトがiPhoneアプリになりました。
アプリ版では、4択問題だけでなく、カードを指で繋いで覚える「右脳モード」が搭載されています。
現在、ヨーロッパ史と中国史を無料でプレイできます!
世界史覚え機重要年代編 1
絶対王政の時代
出題する問題数を選んでね!
とりあえず5問
10問
20問
全部やる
100/100
A
スピーカー
結果発表
もう一度チャレンジ!
覚えた!
もう一度
回答履歴